ホーム> 診療案内>レーザー治療について

     <レーザー治療器 オサダダイオトロン 1000V>

        
  当院では、最先端技術であるレーザー治療器を導入しています。  赤外線の温熱効果により血行を促進し、疼痛の緩和をしたり傷の治りを早くします。  また、経絡(ツボ)刺激効果もあるため、鍼灸を安全に行うことができます。   疼痛緩和効果      脱臼、打撲、変形性関節症、跛行、捻挫、椎間板ヘルニア、など   創傷治癒促進効果   術創、肛門線破裂、化膿自潰創、外傷、など   消炎効果   関節炎、好酸球性皮膚炎、歯肉炎、外耳道炎、肛門腺炎、など   その他   血行障害、神経賦活、ツボ刺激、など  ※慢性腎不全では、レーザーによる腎愈(じんゆ)・太谿(たいけい)・三陰交(さんいんこう)などの   ツボ刺激とホモトキシコロジー療法を併用して、効果を高めています。



ホーム|| 施設紹介スタッフ紹介診療案内アクセス|| お知らせ健康管理|| 問合せ趣味の部屋リンク